比較する

加齢によって出来たシミやシワ、火傷などによって出来たケロイド、ワキガなど主に表皮の美容に関連する治療を行う専門家は皮膚科医がいます。
国家資格である医師免許を取得しており、美容関連の施術の多くは自由診療となります。
治療を行える機関は皮膚下や美容皮膚科、美容外科などで、何れも数多くの施術を扱っています。
基本的にクリニックのように入院を必要としないため、病床を設けていないか、少ないところが多くなります。
勤務医が多いのがこの分野の特徴で、大手のクリニックもほどんどが勤務医となっています。
開業医も存在しますが、施術の種類から言えば、大手や中堅のクリニックの方が充実している傾向があるなど、クリニックや診療機関ごとに違いがあります。

人の体の悩みの中でも審美面に関しては、それぞれコンプレックスとなっている部位が違ってきます。
理想とする姿形も人それぞれなため、それを実現するための施術もまた違ってきます。
そのため数多くの施術方法が用意されているのが、これら皮膚の治療や美容施術を行える医療機関の特徴です。
例えば美容皮膚科ならばその取り扱う施術は、ソバカスやくすみ、シワといった皮膚の表層に現れる変化の他に、ワキガやアトピーなどの疾患の治療も行っています。
また後天的な怪我や火傷などによって出来た傷跡やケロイドなども、対処できるところがあります。
施術方法はメスを使わない施術が多いですが、クリニックによっては外科施術も行っているため、事前に確認をしておくことが理想的です。